☆ WEXウェスト 第5戦 ドリーミン ほうのき ダイジェストムービー ☆

☆ 最高補償 5000万円:観客の方は「入場管理デスクで手続きを行う」ことを条件に、保険料をJNCCが肩代わりする「無料 観戦傷害保険加入サービス」ご利用ください!/
/
/
////////////WEX ドリーミン"LIVE.リザルト/.・・・////・・・///.OFFICIAL/リザルト・・・・/タイスケ/・・/フェイスブック速報/


☆.会場でも世界のどこででも JNCCライヴリザルト!・・☆自身のスターティンググリッドを確認してください!( OFFICIALリザルトは大会終了後に!)
.LIVEリザルト有益情報:「全周回 順位」「全周回 ラップタイム」「全周回 トータルタイム」「全周回 順位推移」.個別にライダー名 をクリックしてください。

 
ARCHIVES - 180812 WEXウェスト R5 ドリーミン ほうのき


画像クリックで 高精緻 PDF!



WEXウェスト 第5戦 MEDIAレポート
by JNCC MEDIA

ドリーミン ほうのき
8月12日開催

岐阜県高山市丹生川町久手447

 
 待ちに待った4ヶ月ぶりの戦い。今回はベスコンだ!


4ヶ月前に開催された第4戦、朽木SKIリゾートはあいにくの雨で泥、泥、泥…。今回は打って変わってベスコン! 2週間前に行われたJMCCドリーミンほうのきを髣髴させる良好なコンディションだ。WEXウェストは久しぶりの開催ということもあり、約350台がエントリー! 見事な開けっぷりで広大なスキー場でのライドを堪能した。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

90 minute

 
 
90-A[ XCの経験が豊富な中級実力者 ~ 中上級者・車種 排気量オープン]
90-Cクラスで今年、3戦中2勝をあげた伊藤 考亮選手が90-Aに昇格。新たに♯34をつけた伊藤選手は、90-Aクラスでも速かった! 全周回トップで完全優勝。2位にも4分差をつけ、圧倒的な強さを誇った。

 
 

♯34 伊藤 考亮 選手 のコメント
Aクラスに上がって最初のレースで、表彰台に上がれるのかなと思ってたんですが、入賞できて良かったです。
 
 
 
 
 

♯7 今坂 純也 選手 (DIRT SKIP)のコメント
4周目か5周目ぐらいにガレ場の大坂のど真ん中ぐらいで、前のライダーを避けきれずに、隣にいたライダーに激突してしまったのですが、確かYAMANAのライダーだったと思うのですが、この場を借りてお詫びしたいと思います。
 
 
 
 
 

♯35 坂本 重幸 選手 (カワセレーシング・RSP)のコメント
地元高山での開催ということで、頑張って走りました。次回、9月にはアルコピアで大会がありますが、草刈りとかやりましたので、ぜひ皆さんの参加をお待ちしています。


 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
90-B[ XCに慣れている中級~中級実力者・車種 排気量オープン]

♯201白石 竜一選手(ガマの会)、♯110寺澤 輝昭選手(Husqvarna長野+NMR)が必死に追い上げたが、♯104小倉 秀昭選手(KYB Racing)の牙城を崩すことはできなかった。2位に4分差をつけての完全優勝はお見事。♯104小倉選手、おめでとうございます!

 
 

♯104 小倉 秀昭 選手 (KYB Racing)のコメント
前回のJNCCは仕事で出られなかったので、今回はなんとしてでも勝ちたいと思っていました。あとで総合1位まで5秒と聞いたので、知っていればもっと頑張ったのにと(笑)。非常にいいコースで楽しめました。
 
 
 
 
 

♯201 白石 竜一 選手 (ガマの会)のコメント
昨日、鈴木健二選手に教わって勉強になりました。今日はそれを活かして走れました。
 
 
 
 
 

♯110 寺澤 輝昭 選手 (Husqvarna長野+NMR)のコメント
JNCCに続いてまたベスコンで、すごい楽しく走れました。

 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

90-C[ XCの経験が浅いルーキー・車種 排気量オープン]
前半は♯324吉澤 彰浩選手(BSソニックRTwith6348&荻商)がレースを引っ張ったが、4周目に失速。2位スタートの♯386山下 淳選手(国士夢走)がトップに立ち、そのまま9周を走り切ってチェッカーフラッグを受けた。

 
 

♯386 山下 淳 選手 (国士夢走)のコメント
前回のWEXの爺ヶ岳では熱中症で倒れてしまって表彰式に出られなかったんですけど、今日は立てて嬉しいです。
 
 
 
 
 

♯416 中村 渉悟 選手 (まんでいず@FRC)のコメント
今回、この後の120分で一緒に走る予定だった知り合いが怪我で出られなくなってしまったので、その人の分まで頑張って入賞できたらいいなぁと思って走りました。
 
 
 
 
 

♯354 石本 一樹 選手 のコメント
今回は90-Cということで、クラス優勝しか考えていなかったんですけど、スタートでエンストしてるようではトップを狙えないと思いました。ただ、クラスでトップタイムを出せたんで、そこは自信になりました。
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

90-D[まだマシンの乗りこなしに不安がある入門者・車種 排気量オープン]
90-Dクラスは♯702伊地知 条二選手(ちーむ おいどん)の独擅場だった。終わってみれば2位に7分半という大差をつけて完全優勝。速いっすね! ランキングも今回200ポイントを加算し、トップ街道を独走中だ。

 
 

♯702 伊地知 条二 選手 (ちーむ おいどん)のコメント
疲れました。昨日の宴会で「じいさん、そろそろ引退したら?」なんて言われたけど、まだまだだねぇ若い衆は(笑)。ありがとうございました。
 
 
 
 

♯745 田中 崇喜 選手 (TEAMセントレア)のコメント
今日は最高のコンディションで走らせていただけて、賞までいただいて最高です!

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テーピング フル[2st 126cc 以上と 4st 231cc 以上の公道走行車(改造禁止)]
♯835塚越 智也選手(TGCマッスルレーシング)が1周目トップに立ったが、徐々に後退。最終的には3位でフィニッシュ。代わりにトップに立ったのが♯834澁谷 剛毅選手(モトハウス248)。7周目こそトリプル男♯801伊藤 明彦選手(駒ヶ根モータース)にトップを譲るが、すぐに奪い返し、初優勝を遂げた。ランキングは依然として♯801伊藤選手がトップだ。

 
 

♯834 澁谷 剛毅 選手 (モトハウス248)のコメント
90分に出るの初めてだったんですけど、優勝できてとても嬉しいです。疲れました!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テーピング Light[2st 125cc までと 4st 排気量 230cc までの公道走行車(改造禁止)]
♯889青木 千寿選手(出川すずめ会)が2周目までトップ。そのまま逃げ切るかと思いきや、♯882三木 敬大選手(京阪酷道友の会+PAI)が優勝を手にした。♯882三木選手はシリーズ優勝も狙える好位置をキープ。

 
 

♯882 三木 敬大 選手 (京阪酷道友の会+PAI)のコメント
素晴らしいロケーション、天気、そして楽しいコースと3つ揃って、さらに優勝もできたので、大手を振って帰ることができます。ライバルの堀沢さんが別クラスに異動されたので、
僕がここに立つことができました。次回も頑張りたいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レディス-B[女性/中級~中級実力者・車種 排気量オープン]
♯953小澤 いずみ選手(2倫教育委員会)の安定した速さが光るレースだった。2位に2周差の大差をつけて優勝。ランキングもトップを快走中だ。

 
 

♯953 小澤 いずみ 選手 (2倫教育委員会)のコメント
初めてほうのきのレースに出たのは3年前で、そのときは下から数える方が早いくらいの順位だったんですけど、今回は総合でも38位までいけたのでとても嬉しいです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
90 Kids[小学3年生~中学3年生・2スト85cc & 4スト150cc]
♯983平澤 陽一郎選手(ひら)のひとり旅となった90 Kids。お疲れ様でした!

 
 

♯983 平澤 陽一郎 選手(ひら) のコメント
ほうのきの大会に出るのは今回が初めてです。上り坂がすごい大変だったけど、楽しく走れました。
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

90 表彰式

 
 
左からレースクイーンの千歩ちゃん、90-A優勝♯34伊藤 考亮選手、同2位♯7今坂 純也選手(DIRT SKIP)、同3位♯35坂本 重幸選手(カワセレーシング・RSP)、同4位♯32荻野 史皓選手(BSソニックRC with 6348RT&荻商)の順。

 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
左からレースクイーンの千歩ちゃん、90-B優勝♯104小倉 秀昭選手(KYB Racing)、同2位♯201白石 竜一選手(ガマの会)、同3位♯110寺澤 輝昭選手(Husqvarna長野+NMR)、同4位♯200林 宏之選手(激動レーシング)、同5位♯198高橋 優之選手(NAG motors Racing Team)、同6位♯115岡本 英仁選手(Wheel Master RTクラブ前田制作)、同7位♯196平崎 博司選手(カワセレーシング.RSP)の順。


 

  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
左からレースクイーンの千歩ちゃん、90-C優勝♯386山下 淳選手(国士夢走)、同2位♯416中村 渉悟選手(まんでいず@FRC)、同3位♯354石本 一樹選手、同4位♯324吉澤 彰浩選手(BSソニックRT with 6348&荻商)、同5位♯329川崎 哲史選手、同6位♯360堀岡 浩司選手(四ツ葉モーターサイクル)、同7位♯498河村 仲志選手(TEAMまえのめり)、同8位♯369冨田 想選手(TEAM S☆S YUASA XC)、同9位♯574松永 匡史選手(ガマの会)、同10位♯359小池 雅司選手(バイクボンバー)の順。


 
 
 

 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

左からレースクイーンの千歩ちゃん、90-D優勝♯702伊地知 条二選手(ちーむ おいどん)、同2位♯745田中 崇喜選手(TEAMセントレア)、同3位♯奥田 祐紀選手(元RC甲子園ヤマハwithカローラ京都)、同4位♯750堀沢 文治選手(CGC チームFAKT)、同5位♯757石井 開都選手(銀河団)、同6位♯746高辻 信一選手(Club Palms)、同7位♯704児玉 駿選手(TRC&Positive passion)、同8位♯703小林 元選手、同9位♯744梅村 拓優選手(モトハウス248エンデューロ部)の順。

 
 
 

 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

左からレースクイーンの千歩ちゃん、テーピング フル優勝♯834澁谷 剛毅選手(モトハウス248)、同2位♯801伊藤 明彦選手(駒ヶ根モータース)、テーピング Light優秀♯882三木 敬大選手(京阪酷道友の会+PAI)、同2位♯889青木 千寿選手(出川すずめ会)、レディス-B優勝♯953小澤 いずみ選手(2倫教育委員会)、90 Kids優勝♯983平澤 陽一郎選手(ひら)の順。

 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

 
40 minute
 

 
  

 
RACER フル[2stレーサー51cc以上と4stレーサー126cc以上]
上位5名が同一周回数という、ハイレベルな戦いが演じられたのがRACER フル。中でもずば抜けて速かったのが♯63大橋 直樹選手(銀河団)。優勝おめでとうございます!

 
 

♯63 大橋 直樹 選手 (銀河団)のコメント
前回のWEXは2位で悔しい思いをしましたけど、今回はようやく1位を獲れて最高の一日です。息子が120分を走りますので、まだ帰れませんが、次回も頑張りたいと思います。
 
 
 
 
 

♯17 渡辺 一彦 選手 (エギラRC)のコメント
いいコースを用意していただいたので、楽しく走れました。また次回もよろしくお願い致します。
 
 
 
 
 

♯64 菅沼 昭博 選手 (Team ぽんこつ)のコメント
初めて走るコースで苦戦する部分もあったんですけど、楽しく走れたんで良かったかなぁと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テーピング フル[2st51cc以上と4st126cc以上]
1周目こそトップを♯106平田 貴信選手(チームtry)に譲ったが、2周目以降は♯143大井 英俊選手(エギラRC)が盤石の走りでトップを堅持。90minへの復帰、お待ちしています!

 
 

♯143 大井 英俊 選手 (エギラRC)のコメント
昨年、ここのコースで、ある下りを通るたびに前転し、心折れて帰りました。まだ40分でリハビリ中ですが、来年こそまた90分に出たいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
4スト125改[4st125cc以下のレーサー及び公道走行車(改造可)]
このクラスは♯201西野 崇選手(Diamond Flap)と、♯230小瀬木 智之選手(SUPER SPORTS富山)との一騎打ち。結果は♯201西野選手が全周回トップで完全優勝。おめでとうございます!


 
  

 

♯201 西野 崇 選手 (Diamond Flap)のコメント
今日はKLX125で走ったんですけど、力がないのは前回で分かってたので、かなりエネルギッシュにしたんですけど、したが故に直線でぶっ飛びまして、前転しまして、身体ボロボロです(笑)。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
4スト125[4st125cc以下のレーサー及び公道走行車(性能向上となる改造は不可)]
♯259太田 歩選手(オシャレイカチ&MPヒオキ)が周回ごとにラップタイムを上げ、見事優勝を手にした。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レディス– C[女性/初級~中級者・車種排気量オープン]
4名がエントリーしたレディス– Cは、全周回で順位の入れ替わりナシ! ♯401松田 千夏選手(Diamond Flap)は今回の優勝で200ポイントを加算し、ランキングトップの♯403富山あゆみ選手(京阪酷道友の会)に100ポイント差となった。

 
 

♯401 松田 千夏 選手 (Diamond Flap)のコメント
90分も出たんですけど、初めて出てボコボコにやられまして、あっちこっち痛いし、ハンドルも曲がってるんですけど、40分はブイブイ飛ばせました。これからも頑張りたいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
40 Kidsデビュー[小学3年生~中学3年生・2スト85 &4スト150cc]
7名がエントリーし、なかなかの賑わいとなったのが40 Kidsデビュー。♯502澤田 誠翔選手(TEAM TRY ENDURORACING)が頭ひとつ速かったですね。両親へ最高のプレゼントを贈るなんて、親孝行なんだから!

 
 

♯502 澤田 誠翔 選手 (TEAM TRY ENDURORACING)のコメント
今日はお父さんとお母さんの結婚記念日で、そんな日に1位を獲れて良かったです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
モペ改 Full[51cc以上110cc以下の「モペット」「スクーター」「ビジネス&レジャー」「50ccクラッチ付きトレール」(改造フリー)]
いつもは♯601堀沢 文治選手(CGC チームFAKT)のひとり旅だが、今回は違った! なんと4名がエントリー。毎回、このくらい賑わうと見応えがあっていいですね。


 
 

♯609 松田 欣治 選手 (常願寺川)のコメント
正直、ビックリしてます。ラップタイムが遅いのに1位なんて、なんかラッキーですね。今度は実力で1位になれるように頑張ります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
モペ改 Light[50ccまでの「モペット」「スクーター」「ビジネス & レジャー」「子供用レーサー」(エンジン改造/フレーム載替えを除き改造可)
ハカイダーこと♯705林 謙選手(チョイノリクラブジャパン)の走りが光った。コスプレでも楽しませてくれて、ありがとうございます!
 
 

♯705 林 謙 選手 (チョイノリクラブジャパン)のコメント
中井さん、小池田さん、コースの難易度がどんどん難しくなっていく気がするんですよ。1周2周しかできてない人も結構いると思うんで、ぜひ初心者、初級者に優しいコース作りをお願いします。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ダブエン-COMP[「90/120ミニッツ-A&B」以外のダブルエントリーライダー]
参加した5名中、4名が同一周回と白熱した展開になったのがダブエン-COMP。♯817土田 哲也選手(塩+京阪酷道友の会)が追い上げるが、あと一歩及ばず。♯815今坂 純也選手(DIRT SKIP)が逃げ切り、優勝を飾った。


 
 

♯815 今坂 純也 選手 (DIRT SKIP)のコメント
ラスト2周ぐらいからリアタイヤが左右にバンバン振られるようになって、今日はアクセル開いてるんだなぁと思ってピット戻ったらタイヤが避けちゃってて、レース中に見なくて良かったなぁと。見てたら勝てなかったと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ダブエン-FUN[「90/120ミニッツ-A&B」以外のダブルエントリーライダー]
♯926横山 明信選手(Aoi Racing club)と♯906平川 雅大選手(MCF黒猫家with爽ツー)が壮絶なバトルを繰り広げた。タイム差はなんと0.073秒差! ♯926横山選手、優勝おめでとうございます!


 
 

♯926 横山 明信 選手 (Aoi Racing club)のコメント
90分で1周目から転んで、奥の上りは登れなくて、精神的にも肉体的にもボロボロだったんで、40分は楽しく走ろうと思ったら、なぜか1位になってしまいました。嬉しいです。ありがとうございます!
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

40 表彰式

 
 

左からレースクイーンの千歩ちゃん、RACER フル優勝♯63大橋 直樹選手(銀河団)、同2位♯17渡辺 一彦選手(エギラRC)、同3位♯64菅沼 昭博選手(Team ぽんこつ)、同4位♯10岡崎 美久選手(Club Pulms)、同5位♯33遠藤 正基選手(モトハウス248エンデューロ部)、同6位♯88星野 涼選手、同7位♯86行木 博選手(ウッドラインRT)、同8位♯9山本 健太選手(京KR-BLUE)、同9位♯90石榑 孝雄選手の順。

 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
左からレースクイーンの千歩ちゃん、テーピング フル優勝♯143大井 英俊選手(エギラRC)、同2位♯128鳥居 家康選手(モトハウス248)、同3位♯106平田 貴信選手(チームtry)、4スト125改優勝♯201西野 崇選手(Diamond Flap)、レディス– C優勝♯401松田 千夏選手(Diamond Flap)、40 Kidsデビュー優勝♯502澤田 誠翔選手(TEAM TRY ENDURORACING)、同2位♯510上久保 健史選手(チームドリームランド)、同3位♯512瀧村 然自選手(バイクボンバー&KRC&オートスクアーク)の順。

 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

左からレースクイーンの千歩ちゃん、モペ改Full優勝♯609松田 欣治選手(常願寺川)、同2位♯601堀沢 文治選手(CGCチームFAKT)、モペ改Light優勝♯705林 謙選手(チョイノリクラブジャパン)、ダブエン-COMP優勝♯815今坂 純也選手(DIRT SKIP)、同2位♯817土田 哲也選手(塩+京阪酷道友の会)、ダブエン-FUN優勝♯926横山 明信選手(Aoi Racing club)、同2位♯906平川 雅大選手(MCF黒猫家with爽ツー)、同3位♯929高橋 優之選手(NAG motors Raching Team)、同4位♯903兼松 正治選手(京阪酷道友の会)の順。

 
 
 

 
 
 
 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
120 minute
 
 
 
 

 
120-A[XCの経験が豊富な中級実力者~中上級者・車種排気量オープン(JNCC-FAは5分/COMP-A出場は10分のウィティングハンディを!)
JNCCのFUN-Aで戦っていた♯7山本 正選手(城北カワサキRT with MOTUL)が、怪我から復帰して久々に登場。まずはWEXで足慣らしというわけだ。前半はラップタイムを11分台にまとめて2位だったが、7周目からギアをシフトして10分台に突入。途中リタイアした♯67大橋 銀河選手(銀河団)に代わりトップに立ち、久々の表彰台となった。♯70赤岩 久選手(はだエプ&相馬友の会)は10分ハンデで3位はお見事!

 
 

♯7 山本 正 選手 (城北カワサキRT with MOTUL)のコメント
10ヶ月ぶりぐらいのレースだったので、ちょっと不安だったんですけど、今日はリハビリと思って、ドクターから120分1本走ってきなさいと言われたんで、ハンデなしで走れたんでありがとうございました。久しぶりにここに立てて嬉しいです。
 
 
 
 

♯8 赤岩 久 選手(はだエプ&相馬友の会)のコメント
この前JNCCで走ったんでコースは分かってたんで、有利だったかなぁと思います。面白かったです。
 
 
 
 

♯3 辻合 雅文 選手 (クラブセレクション)のコメント
ぶっつけ本番のレース、奈良から来て練習もなしで不安あったんですけど、こうして表彰台に上がれて、息子も応援してくれて頑張れました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
120-B[XCに慣れている中級~中級実力者・車種排気量オープン]
断トツの速さを見せつけたのが♯104瀧村 泰自選手(バイクボンバー&KRC&オートスクアーク)。2位の♯117鈴木 義典選手(半田市505突き家 市原レーシング)とのタイム差は6分44秒! もう速過ぎです。

 
 

♯104 瀧村 泰自 選手 (バイクボンバー&KRC&オートスクアーク)のコメント
今日は新品のレッドムースにシンコータイヤの525の120で出たんですけど、結構グリップも良く、楽しく走ることができました。
 
 
 
 

♯117 鈴木 義典 選手 (半田市505突き家 市原レーシング)のコメント
久しぶりに表彰台に上がれて、とても嬉しいです。次回の糸魚川もAAGPも10耐も頑張って走りますので、また声援のほどよろしくお願い致します。
 
 
 
 

♯208 馬庭 隼人 選手 (スターズトレーディング)のコメント
今年はあんまりレースに出られてないんですけど、3位になれて良かったです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
120-C[XCの経験が浅いがガッツ有るルーキー・車種排気量オープン]
第3戦2位、前回の第4戦1位、そして今回も優勝と波に乗っているのが♯443矢田 慎選手(selection鈴鹿with木村工房)。ランキングも今回200ポイントを加算し、首位に躍り出た。

 
 

♯443 矢田 慎 選手 (selection鈴鹿with木村工房)のコメント
前回、朽木に出て、それから4ヶ月。疲れない身体を作って、家族の協力もあって、しっかりスタミナつけて優勝することができました。表彰式で、このクッキー扮するトム・ウェイツというミュージシャンがいるんですけど、妻が大好きなアーティストでして、それを妻に見せられたんで最高です。
 
 
 
 

♯552 滝 海都 選手 のコメント
今日は1位を獲れなかったんですけど、次に出る機会があれば1位を獲りたいと思います。
 
 
 
 

♯369 杉ノ下 博久 選手 (KRCカワセレーシング・RSP service)のコメント
1周目のスタートはメチャメチャ良かったんですけど、途中Bクラスの人と接触して転んだんですけど、なんとかここまで順位を戻せました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テーピングOpen[公道走行車・排気量/改造問わず]
ただひとり、10周を走り切った♯804平川 雅大選手(MCF黒猫家with爽ツー)が全周回トップで完全優勝。おめでとうございます!

 
 

♯804 平川 雅大 選手 (MCF黒猫家with爽ツー)のコメント
途中で一瞬、ゴーグルがパラパラと濡れたんで、降るかなぁと思ったんですけど、最後までベスコンでとても楽しかったです。今日はライバルの伊藤さんが不調だったので、ちょっと寂しかったんで、次回はよろしくお願いします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レディス-A[女性/中級~中上級者・車種 排気量オープン]
レディス-Aは♯901安藤 緑選手(サンセルフ商会)のひとり旅。お疲れ様でした!

 
 

♯901 安藤 緑 選手 (サンセルフ商会)のコメント
今日もこのクラスは私ひとりで走ってたので、誰か一緒に走って下さい。
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

120 表彰式

 
 
左から120-A優勝♯7山本 正選手(城北カワサキRT with MOTUL)、同3位♯70赤岩 久選手(はだエプ&相馬友の会)、同4位♯3辻合 雅文選手(クラブセレクション)の順。

 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

左から120-B優勝♯104瀧村 泰自選手(バイクボンバー&KRC&オートスクアーク)、同2位♯117鈴木 義典選手(半田市505突き家 市原レーシング)、同3位♯208馬庭 隼人選手(スターズトレーディング)、同4位♯111前田 達郎選手(Husqvarna東名横浜&OKUTAKE)、同5位♯108田中 隆裕選手(4545ghee-JET)、同6位♯120河原崎 篤志選手(参加型)、同7位♯109土田 哲也選手(塩+京阪酷道友の会)、同8位♯212森野 友太選手(左近山登山部 with TNP)の順。

 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

左から120-C優勝♯443矢田 慎選手(selection鈴鹿with木村工房)、同2位♯552滝 海都選手、同3位♯369杉ノ下 博久選手(KRCカワセレーシング・RSP service)、同4位♯544橋戸 慎二選手(バイクボンバー)、同5位♯329久保 聡選手(YY RACING)、同6位♯517黒岩 右京選手(Husqvarna Nagano)、同7位♯543橋場 翔太選手(バイクボンバー)、同8位♯435中村 渉悟選手(まんでいず@FRC)、同9位♯529高橋 優之選手(NAG motors Racing Team)、同10位♯333前沢 一成選手(K.R.C)の順。

 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

左からテーピングOpen優勝♯804平川 雅大選手(MCF黒猫家with爽ツー)、同2位♯801豊田 教之選手(豊橋友の会)、同3位♯823伊藤 明彦選手(駒ヶ根モータース)、レディス-A優勝♯901安藤 緑選手(サンセルフ商会)の順。

 
 
 


 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
Editoe's Eye
 
 
 
 
 

 
超個性的な選手です(笑)
120-Cで優勝した♯443矢田 慎選手(selection鈴鹿with木村工房)と会うのは2度目だ。前回の朽木で、泥だらけなのに表情が豊かな矢田選手に目が留まった。走行中、カメラを向けるたびに違った表情を見せてくれる。息子さんの名ピットクルーぶりも印象的だった。
 
帰りに温泉によると、たまたま矢田親子と露天風呂で一緒になった。世間話をして別れたが、彼は私をしっかりと覚えていてくれた。表彰式の前、「やりましたよ!」と握手を求めてきた。嬉しいなぁ、矢田選手。次も頑張ってね!



 
 
 
 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

公式 ダイジェスト・ムービー

勝手にムービー 90ミニッツ


勝手にムービー 40ミニッツ


勝手にムービー 120ミニッツ