JNCC MEDIA REPORT 第2戦 ビックディア広島
2019-04-07
by 小笠原 拓  


 


 

  • 天気が明暗を分けたか !?
  • 大きな波乱なく、渡辺 学が圧勝!
  •  
  •  戦の舞台は、広島のテージャスランチ。牧場を取り囲むようにレイアウトされたコースの総延長は、なんと11kmCOMP-GP COMP-GP専用のルートはか所、難度は高いもののコースをショートカットできるボーナスラインはか所COMP-GP専用は1か所 )用意された。大会前日まで、雨が心配されていた。下見している選手たちの会話と言えば、「ここ雨だとムズいよね」ばかり。COMP-GP専用のレッドラインは基本的に下って登るセクションなので、この赤土が水分を含んだら、凶悪な蟻地獄になるのは間違いない。またボーナスラインのイエローは、すべて斜度のきついヒルクライムなので、雨が降ったら登れるだろうかCOMP-AAライダーでさえ、ショートカットしない通常のルートも確認するくらいだ。しかし、蓋を開けて見たら天気が好転。土埃が舞うほどのコンディションとなり、一部の選手が期待するような大どんでん返しもなく、順当な結果となった。
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • COMP - AA1
  • 開幕戦は若手有望株の馬場大貴が制し、波乱の幕開けとなったが、第2戦はベテラン勢が意地を見せた。終わってみれば、渡辺 学の圧勝。中盤までは鈴木健二とデッドヒートを繰り広げていたが、鈴木が7周目に痛恨のミス。ラスベガスと名付けられたボーナスラインで周回遅れをパスし損ね、もう度やり直すも失敗。「これで諦めた」とは鈴木の弁だ。今回、渡辺はビッグタンクで臨んでおり、もともと無給油作戦だったが、鈴木の失墜で余裕が生まれ、ラスト周に大事をとって1リッター給油。それでも2位の鈴木に秒差のぶっちぎり優勝となった。 ちなみに、位は 中島敬則、位は 馬場大貴、位は 小林雅裕、位は 齋藤祐太朗、位は 渡會修也となっており、ここまでトップと同周回の10周をクリア。 次回から本格的なゲレンデコースとなるだけに、激しいバトルを期待したい。
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • COMP - AA2
  • 中盤までは渡辺裕之がレースを引っ張る展開に。しかし本人曰く、「疲労がひどく、ラップタイプがどんどん悪くなった」とのことで、さらに後半はボーナスラインも失敗が目立つように…。そんな渡辺に代わりトップに立ったのが小林雅人。小林は軟らかいタイヤが有利と考え、シンコーの 525 CHEATERで勝負。それが見事にハマった。最後まで難所をクリアでき、優勝を飾った。
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • COMP - A
  • スタート前にエンジンが掛からず、COMP-Bスタート後にどうにか飛び出したのが 鈴木涼太。開幕戦の大阪で優勝を飾ったが、今回も勝たないと「MXライダーだから」と言われてしまうのが嫌で、それをバネに死ぬ気で走ったとのこと。タイヤは甘夏ことIRC VE33Sゲコタ。軟らかいのにブロックがもげることもなく、最後まで耐え、優勝した鈴木の走りを支えた。
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • COMP - B
  • 地元広島の冨永たすくが、地の利を活かし優勝。「この5年ぐらい Bクラスで出ているが、ようやく勝てた」とは本人の弁。ラスベガスに5回くらいトライしてクリアできたこともあり、決して楽な展開ではなかったが、地元での勝利は格別だろう。
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • COMP - R
  • 開幕戦で派手に前転し、全身打撲を負った大橋銀河が雪辱を果たした。COMP-R に出走した27選手中、8周走ったのは大橋ただひとり。断トツの速さでシャンパンファイト!
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • FUN - A
  • 今年ほとんど乗れてなくて、下見もできず、今朝ボーナスラインだけ確認して臨んだという 湯浅将司。テージャス山のボーナスラインは2回ほどエスケープしたが、FUN-SA 神馬 が行っているのを見て一念発起。その甲斐あって、うれしい優勝となった。
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • FUN - SA
  • 今年度より新設されたFUN-SAには4選手がエントリー。やはり 神馬 は速い!途中、FUN-GP総合トップに立つほどで、そのまま行けるかと思ったが、岩に挟まって負傷。それでも FUN-SA 優勝はお見事です!
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •   
  •  
  •  
  •  
  •  
  • FUN - B
  • 竹崎暢臣が全周回トップで完全優勝。同じ名字の方が同じクラスにいるなと思ったら、お兄さんだったのですね。というわけで兄弟ワンツーフィニッシュ、おめでとうございます!
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • FUN - C
  • 「下見で弱気になった」と語るのは 大樂利之。なにをおっしゃいますか!2位に4分10秒の大差をつけて見事優勝。次男が COMP-Aに同じマシンでエントリーするため、絶対に壊せませんからね。親子愛の勝利です。
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • FUN - D
  • 表彰式で SKYACTIVTシャツを着てるので、もしやと思ったら、やはりマツダの社員でしたか。さすが広島!いつもはゲロ系で遊んでいる菊地俊廣が優勝!
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • FUN - WAA
  • 全日本LMXから可愛らしい刺客が!? 久保まなは今シーズン、全日本LMX JNCCのダブル参戦を決めており、JNCC開幕戦は残念ながらマシントラブルによりリタイア。第2戦のテージャスランチはマウンテンコースとなるため、対応できるかが注目だった。 そのあたりを本人にインタビューすると、「下見でビックリしちゃって。もうびびりまくりでした(笑)。しかも皆、ボーナスラインに行く前提で話してて、行くんだ!?と思って」。てっきり全周エスケープかと思いきや、1周目のゴール手前ボーナスラインにチャレンジ。エンデューロではお馴染みの「放り投げ」を体験し、どうにかクリアしたものの、2周目以降は全ボーナスラインをエスケープ。 次戦の鈴蘭から本格的なゲレンデコースに突入するだけに、下見で健二さんに攻略法をしっかりと伝授してもらってくださいね! というわけで、初優勝おめでとういございます!
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • FUN - WA
  • 開幕戦の阪下でパンクしたのが、よほど嫌だったのか、今回はムースをチョイスした 近藤香織。さらにタイヤもソフトコンパウンドとし、上り坂の根っこも食いつき抜群。その選択が功を奏し、見事優勝。途中、ウーマントップに立つほど好調だった。次回は全ボーナスラインにチャレンジしてくださいね!
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • FUN - WB
  • 山でしか練習してないと語る 木下夏芽が優勝。
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • FUN - WD
  • 澤田麻衣子 が初めて広島で優勝。次の鈴蘭も期待しています!

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 


急病院に行く前に!

必ず事前に電話連絡をして了解を取ってください!

JNCC インスタ

JNCC
/
/Twitter
/
 
 
/GAIA
facebook
 

GAIA 紹介ムービー
 
長野県大町市常盤字唐子
ワイルドクロスパーク GAIA
080-9572-0088
.Goggle Map

 
 

bLU cRU
/
/GNCC