MEDIA REPORT 第3戦 ワイルドボア鈴蘭
2019-04-28
by 小笠原 拓


 

COMP
 
 

 

  • マナブが転倒、ケンジも転んだ、ダイキもコケた。
  • タフなコースを制したのは、チャンプ渡辺 学!
  •  
  •  史上初の10連休となったゴールデンウィーク初日、岐阜県にある鈴蘭高原スキー場(跡地)は吹雪いていた。もう4月末だというのに、大粒のあられが頬を打ち付ける。路面は見る見るうちに白くなっていく
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • そんな中、翌日の大会をにらみ、選手たちは11時半から入念な下見を開始。ウッドチップが沼になるから、ショータイムは奥からアプローチする? このヒルクライムはえぐいな…。赤土が水を含んだらハンパないぜ! そんな会話をしながら、各セクションをチェック。年に1度の鈴蘭は、いつにも増してハードな展開となることが予想された。
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • COMP - AA1
  •  開幕戦は若手の馬場大貴、第2戦はベテランの渡辺 学が制した2019シーズン。この第3戦から本格的なマウンテンステージとなり、よりエンデューロライダーとして真価が問われるようになる。
  •  スタートは混乱もなく、上位陣はすぐにウッドチップを抜け、ショータイムと呼ばれる激坂へ。最初に駆け上がったのは鈴木健二だ。次いで馬場大貴、中島敬則、渡辺 学がクリア。華麗なるテクニックに、観客も大盛り上がりだ。その直後、順位が若干入れ替わり、渡辺 学が馬場大貴の目の前で派手に転倒。この際、ハイドレーションシステムを破損し、水分補給ができない状態に…。しかし、このくらいでめげる渡辺 学ではない。怒濤の追い上げを見せ、4周目には首位を奪還。そのまま16周を走りきり、第2戦に続き優勝を飾った。
  •  それにしても、マナブは強い。小池田猛 が姿を消した今シーズン、ディフェンディングチャンピオンとしてマナブがJNCCを牽引する立場だが、そんな重責を跳ね返すパワーが漲っている。さらに勝ちに対する貪欲さにも恐れ入る。今回は雨を見越して、タイヤはブリヂストンのX20をチョイス。ムースは固めを考えていたとのことだが、大会当日の朝に柔らかめに変更。また急遽、テクニクスでサスのセッティングをモディファイするなど、常に万全を期す姿勢で臨んでいるのだ。
  •  
  •  準優勝はいぶし銀の走りで観客を魅了した 鈴木健二、3位には若手有望株の 馬場大貴 が入った。馬場は表彰式で「まだまだ伸び代がある、速さは経験の差」と語っていたが、その悔しさをバネに頑張って欲しい。誰かに肩入れするわけではないが、このままマナブの独走ではつまらないぞ!
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • COMP - AA2
  •  第2戦の覇者、小林雅人が3周目まで首位をキープしていたが、惜しくもリタイア。代わりにトップに躍り出たのが、フレアライン塾長こと渡辺裕之だ。渡辺が COMP-AAクラスに昇格して今年で3年目。ついに念願の頂点に立ったのだ。渡辺は表彰式のコメントで「タイヤに助けられた」と振り返っていたが、加えて家族の支え、理解も大きかったのでは? 息子の敬太くんもいろんな意味で成長し、親子鷹としてレースに参戦する姿は、胸を熱くする場面も多い。敬太くんに優勝という勇姿を見せられたのが、父親として何よりも嬉しかったのでは? とにかく、おめでとうございます!
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • COMP - A
  •  このクラスでも、嬉しい笑顔が見られた。元マウンテンバイクプロレーサーの内嶋 亮が、2018年シーサイドバレー以来となるクラス優勝を遂げたのだ。第2戦までは YZ125Xで戦っていたが、今大会から BRTA RR2T 200にスイッチ。シーズン途中でのマシン変更ということもあり、十分に準備できたとは言えない部分もあるが、全周回で首位キープはお見事。また COMP-GP総合5位は自身最高位だ。ついに念願のCOMP-AAクラス昇格が見えてきたぞ。
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • COMP - B
  • COMP-Bクラスは、TOP5選手の実力が拮抗しており、誰が勝っても不思議ではない状況であったが、天使は宮田寛成に微笑んだ。初優勝ですよね? 次回も頑張ってください!
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • COMP - R
  • おやおや、銀河団の 大橋銀河が 第戦に次いで表彰台トップをゲット。またしても COMP-Rに出走した32選手中、11周走ったのは大橋ただひとり。その風貌からは、速そうに見えないんだけどなぁ(失礼!)。次戦も期待しています!
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • FUN
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • FUN - A
  •  FUN-Aクラスは、実質的には上位名の争いとなった。いずれの選手も1度はトップに立っているが、最終的には周目以降、首位を堅持した 小池 昇が勝利を手にした。
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • FUN - SA
  •  今年度より新設されたFUN-SAには選手がエントリー。前大会で足の指を骨折した神馬 健は、ブーツが履けたのでスタートラインに並んだ!? 結果は惜しくも位だったが、その健闘は賞賛に値する。 今大会で圧倒的な速さを見せつけたのが小林 基訓。全周回トップの完全優勝を遂げた。
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • FUN - B
  •  周目の上りでフロントタイヤが大きい石で跳ね、クラッシュ! そんな困難を乗り越えて優勝したのが 宮原 淳二だ。JNCC参戦は 2016年以来ですよね?
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • FUN - C
  •  普段、スピード系のレースには出ないという毛利 雅一が優勝。しかもFUN-CクラスでFUN-GP総合優勝という偉業も成し遂げた
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • FUN - D
  •  WEXの常連、山本 忍がJNCCに参戦。中盤、ラップタイムが大きく乱れが、後半に立て直し見事優勝。おめでとうございます!
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • FUN WOMEN
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • FUN - WAA
  •  開幕戦は全日本 LMXからスポット参戦した雨宮舞美が、第戦は全日本 LMXJNCCのダブル参戦を決めた 久保まなが優勝。そして第戦は JNCCのアイドル的存在、石本麻衣と 久保まなの一騎打ち! 久保まなはスタート直後の第コーナーで前走者と絡み転倒。しかし、猛烈な追い上げで首位に立ち、終盤までトップをキープ。マウンテンコースにもしっかりと対応しており、ヒルクライムでのスタック車両のかわし方も堂に入る感じで、第戦に続き優勝かとも思えた。しかし、魔物が終盤に潜んでいた。レース後のインタビューで、「上り坂に入るラインを間違えた」と悔しそうに語る久保まな。アウト側から入れば良かったものの、轍が深くなったイン側から進入し、大きくタイムロス。このあたりの判断は、経験によるところが大きい。
  •  
  •  代わりに首位に立ったのが 石本麻衣。中盤、一度は首位になったが、すぐに抜き返され2位に甘んじる周回が続く。しかし、もたつく久保まなをかわして7周目、ついにトップに躍り出た! このクラスはここまで、同じ優勝者が出ていない。第4戦が大いに楽しみだ。
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • FUN - WA
  •  中盤まで調子よく走っていた近藤香織だが、スタック続出のキャンバー下りで転倒。その際、左足ふくらはぎに激痛が!? どうにかマシンに跨がりピットに戻り、そのままチェッカーを受けることなく救護へ。診断は肉離れ(泣)。それでもWAクラス優勝は見事です!
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • FUN - WB
  •  木下夏芽が開幕戦から三連勝! 今回はお相手がいなかったこともあるが、順調な仕上がりですね!
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • FUN - WD
  •  伊藤綾子が今シーズン初参戦。第2戦の覇者、澤田麻衣子を制して優勝を飾った。
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 


急病院に行く前に!

必ず事前に電話連絡をして了解を取ってください!

JNCC インスタ

JNCC
/
/Twitter
/
 
 
/GAIA
facebook
 

GAIA 紹介ムービー
 
長野県大町市常盤字唐子
ワイルドクロスパーク GAIA
080-9572-0088
.Goggle Map

 
 

bLU cRU
/
/GNCC