JNCC MEDIA REPORT 開幕戦 サザンハリケーン大阪
2019-03-10
by 小笠原 拓  


 


 

  • 世代交代が一気に加速か !?
  • 最高に盛り上がった 2019シーズン開幕戦
  •  
  • 2019年のJNCCシリーズが3月10日(日)、ついに開幕した。会場はサザンハリケーン大阪。ショータイムエリアには直径85センチの丸太を核にしたログピラミッドが組まれ、GIANTタイヤも選手を待ち構えている。
  • FCX(無料チャイルドクロス)や実践的下見ツアー、最新XCマシン試乗会が行われた前日の土曜日は晴天に恵まれたが、本番の日曜日は曇天。昼ぐらいから弱い雨が降るという天気予報だ。
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • キッズ&トライの次に行われたFUN-GPは、なんといってもWAAに注目したい。昨シーズンは菅原悠花、石本麻衣の一騎打ちだったが、菅原はGNCC派遣をにらんでかCOMP-Bにエントリー(結果は欠場)。代わりに全日本MXレディースから♯5久保まな、♯18雨宮舞美がエントリー(いずれもゼッケンは全日本MX)。石本、久保、雨宮の名前は全員Mで始まるため、3M春の陣といった感じだ。
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 試合前、丸太越えにチャレンジしたことがないので、とにかくやってみたいと語っていた久保まな。なんなく丸太を越え、プラザ阪下の高速コーナーもかっ飛ばし、6周目まで首位をキープしていたが、7周目にまさかのエンジントラブル。どうにか押してピットに戻り、なんとかエンジンをかけて再スタートしたが、またもストップ。7周目でリタイアとなった。試合後のインタビューではめげることなく、丸太をちゃんと越えられたからOKと笑顔。今シーズンはJNCC全戦にチャレンジする予定なので、次戦以降に期待したい。ゲレンデコースをいかに攻略するかも楽しみだ。
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 今シーズンの目標は全力で楽しむ! そんな石本麻衣は今回、フルサイズでチャレンジ。85のほうが乗りやすいと語っていたが、走りは切れているじゃない! マディな路面もものともせず、男性陣を押しのけグイグイと進んでいく。順位は2位をゲット!
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • あどけない表情が残る雨宮舞美は、マシンに乗ると豹変。男勝りの開けっぷりだ。なんと全周、丸太越えにもチャレンジ。1度コケたが、チョー楽しかったと語る。JNCC初参戦にして初優勝。JNCCはスポット参戦のため、次回は第6戦のドリーミン(ほうのき)に参戦予定だ。
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 今シーズン、COMP-AAのトップスリーは渡辺学、鈴木健二、小池田猛という顔ぶれ。しかし、小池田の姿は会場になかった。昨シーズン終了後、小池田に話を聞くと、2109シリーズは出たとしてもGNCCから選手が招聘されるAAGPぐらいとのこと。そうなるとディフェンディングチャンピオンの渡辺に待ったをかけるのは誰だ。やはり健二さんか? それとも…。
  • スタートフラッグが振られ、真っ先に飛び出したのは石戸谷蓮。しかし、コーナーを2つくらい回ったところで渡辺にパスされ後退。石戸谷は8位でレースを終えた。
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 今大会で注目されたのが、田中教世(たかせ)だ。MX-IAで2度、シリーズランキング2位を獲得したビッグネームで、2016シーズンをもって一旦、全日本モトクロスにピリオドを打った後は、アジア選手権モトクロスや全日本エンデューロに挑戦。実は田中は、2010年のAAGPに参戦しており、その時は4位の成績を収めている。
  • そんな田中が、JNCCに再び参戦。プラザ阪下は地元だし、4月5月は仕事が忙しいため、その前に出たかったとのこと。エンデューロは奥が深い、簡単には勝たせてくれないと田中は語る。丸太が苦手で、大会当日、ログピラミッドを見てゲンナリしたそうだ。
  • レース後、「丸太にやられた」と開口一番。さらに「3、4回しか上手く越えられなかった。上でタイムを詰めても、丸太で遅れる」と苦笑い。今回も4位に終わったが、次は是非、優勝を! 次回は、ほうのきですか?
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 開幕戦を盛り上げてくれ選手のひとりが、鈴木健二だ。4位からスタートし、徐々に順位を上げ、9周目にはトップに! 4周ほど首位をキープしたが、最終的には3位でフィニッシュ。今回は19年型のYZ250Fでエントリーし、そのポテンシャルの高さを見せつけた。いやはや、健二さんの丸太やヒューム管越えは、美しい!
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 勝利に対する執着心。その高さたるや誰にも負けないのが渡辺学。前日の下見では、雨を想定し、サザンWクライムや奥の⑦~⑧間のヒルクライムでエスケープした場合のタイム差を計測し、サインボードで知らせるようチームメンバーに指示。また周回遅れのかわし方、各コーナーのライン取りなども入念にチェック。そこまで準備するのかというほどの念の入れようだ。だからこそ、ラスマイの17周目にベストラップ7分58秒628を出せるのだ。そんな渡辺でさえ、今回は2位に甘んじた。
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 誰が彼の優勝を予想しただろうか。なんと馬場大貴がJNCC初優勝! 今年は三宅島エンデューロに照準を合わしてたんじゃないの(笑)。丸太セクションでミスコースにより20秒ペナルティを喰らって後退。その後、心が折れることなく追い上げ、健二さんをピット付近で、学さんを丸太くぐりの手前でかわし、13周目に再びトップ。あとは最後までトップを守り切り、チェッカー後にはマシンを放り投げ、喜びを爆発させた。このまま世代交代か? そうはさせまいと学、健二が奮起するか? 第2戦のビックディアが大いに楽しみだ。
  • 大貴、おめでとう!!

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 


急病院に行く前に!

必ず事前に電話連絡をして了解を取ってください!

JNCC インスタ

JNCC
/
/Twitter
/
 
 
/GAIA
facebook
 

GAIA 紹介ムービー
 
長野県大町市常盤字唐子
ワイルドクロスパーク GAIA
080-9572-0088
.Goggle Map

 
 

bLU cRU
/
/GNCC